四日市・松阪の注文住宅四日市・松阪の注文住宅四日市・松阪の注文住宅四日市・松阪の注文住宅

スタッフブログ

【今月の“マイベストワーク” 設計・桐谷── 「45度向きの土地」は設計士の力量を試される 】

- DATE

2021.09.07

- CATEGORY

スタッフ紹介

【今月の“マイベストワーク”  設計・桐谷── 「45度向きの土地」は設計士の力量を試される 】

エクセレントホームで営業や設計、コーディネート、工務などにあたるスタッフにスポットを当て、記憶に残る“会心の仕事”をご紹介するシリーズ。今回は設計の桐谷の仕事ぶりをご紹介します。

桐谷のスタッフ紹介はこちら
https://www.excellent-home.co.jp/staff/p1485/

「土地の形状に対しての家の配置」「間取り」は、設計士がまず直面する問題。桐谷が最近設計を手がけたのは「斜め45度向きの土地」のお家でした。

他社の提案では駐車場や庭の配置の関係から「南西」方向を「南面」と捉え、LDKに南西に向いて大きな窓を設けた設計案になっていたそうです。
「“裏鬼門”と言われる南西面からは西日が強く降り注いできます。夏場の南西方向からの西日をまともに受けるとLDKはかなり暑くなってしまうと思いますよ」

「“45度向きの土地”は設計する人間の力量が試されるところがあります」と桐谷。西日の影響を考慮して南東方向を「南面」と捉え、朝日を十分に取り込めるようにLDKを配置。西面は屋根でカバーするなどして西日を遮り、光が届きにくい北東側のキッチンには大きな窓を設け、採光を確保できる設計プランを提案しました。

光の取り入れ方は家づくりの中でも大きな意味を持ちます。桐谷は西日への対処方法を説明しながら設計の意図を丁寧に説明。お客さまの暮らしの快適さに十分に配慮した設計提案が設計士への信頼を高めてくれます。

お問い合わせ

CONTACT

タップで電話をかける 0120-382-593 0120-382-593 【受付時間】10:00~19:00(木曜日定休)

タップで電話をかける 0120-382-593 【受付時間】10:00~19:00(木曜日定休)